​YUSHI DANGAMI STUDIO | 日本・東京

團上祐志個展​

「音程」

ギャラリーゴトウ / 東京・銀座

肖像画と抽象絵画の二つが大きな柱となって制作を続けてきました。

一見矛盾するスタイルですが、この両立は一つの振り子の作用として説明できるものです。

絵画空間とは具象的なものへ向かうほど、意味的な形 体を持ち、

抽象的なものへ向かうほど音韻的な色彩へと移行します。

これは一つの直線運動なのです。

私 はここに振り子 があるために、一貫した時間芸術として絵画を描いていけると考えています。

これを絵画論で言うならば、鏡と皮膚の行き来とも言えます。

私は今回この振り子の差異を音程と仮定し、副題としました。

本展では滞欧時に感じた日本的なるものとその表面の誤差を課題とし、

肖像画と抽象絵画の二つのシリーズを展示いたします。
意味を持つ形と色そのものの響きとで、私は生きるための絵画詩を生み出したいのです。

”Interval” 

Yushi Dangami   

 

Portraits and abstract paintings are the two pillars that construct my work. The coexistence of what first seem like two contradicting elements can be clarified using the motion of a pendulum. In a painting, a concrete image produces a context within its figure. In contrast, an abstract image produces a vocal-like color. The two behaviors put together resemble the movement of a pendulum. To me it draws a linear line, like a verse in a poem. The existence of the pendulum that construct my work enables me to be a constant participant in a temporal art form. Within the context of art, this can be described as the back and forth between the mirror and the skin. To me, the disparity of the pendulum is like a “musical interval”. 

 

The current exhibition features both portraits and abstract paintings which challenge the forthcoming of Japan and its miscalculations of the surface, inspired by my experience in the history of European art. I persist to create my means of everyday-life, resonating together contextual forms and vocal-like colors. 

星の名の付く通り」oil on panel F80(1420x1120mm)2017